専業主婦が借入れしたことを内緒にしておくには?

専業主婦がキャッシングでお金を借りる場合、他の人よりもいくつかの点でクリアしなければならない問題があります。

専業主婦が悔しなければならない問題とは、
1.利用できるカードローンはどこか?
2.家族に内緒で申し込めるか?
3.審査時間が何日ぐらいで終わるか?
という点です。
<専業主婦が利用できるカードローンは?>

専業主婦の借入れが難しくなったのは、2010年6月18日に貸金業法が改正されてからです。

貸金業法が改正される以前は、専業主婦の利用者も多くいましたが、総量規制という新たな規制が変わったことで、借入れが困難になっています。

総量規制とは、貸金業者が個人向けに融資を行う場合、「個人の年収の3分の1まで」しか貸し付けをしてはならない、という仕組みのことをいいます。

そのため、年収のない専業主婦は、事実上、貸金業者からお金を借りれなくなったのです。

しかし、貸金業法という法律は、貸金業者を規制する法律であって、銀行規制するものではありません。

そのため、銀行カードローンであれば、専業主婦でも借入れできる可能性が高くなります。

<家族に内緒で申し込むには?>

専業主婦がカードローンの申込みをする場合、「家族には内緒にしておきたい」と考えてる人が多くなります。

申し込んだカードや書類が自宅に届いたり、自宅に電話連絡などがあると、内緒にしておくことが難しくなります。

そのため、申込み手続きをインターネットで済ませ、自動契約機でカードの発行を受ける必要があります。

この申込み手順さえ間違えなければ、通常は家族に知られる危険性はありません。
<急ぎの融資なら審査が早いバンクイックに申込み>

銀行カードローンの1つに三菱東京UFJ銀行のバンクイックがあります。

バンクイックは専業主婦も30万円まで利用でき、審査も最短30分で済ませられます。

バンクイックの申込み条件は、「年齢が満20歳以上65歳未満」になります。

申込みに必要なものも「運転免許証」だけですので、気軽に申し込めます。

Leave a Reply

free blog themes